【就職活動生のソーシャルメディア活用動向調査】
2013 09 20
【就職活動生のソーシャルメディア活用動向調査】
ソーシャルメディアを活用して就職活動を行っていた就職活動生は92%

株式会社ソーシャルリクルーティング(東京都渋谷区、代表取締役CEO:春日博文)は、
10万人を超える就職活動生とのネットワークを通じ、
就職活動生のソーシャルメディア活用動向について調査を行い、
下記項目について回答を求めました。

「SNSを利用した就職活動について」
「SNSを閲覧する頻度・デバイスについて」
「就職活動でSNSを利用すべきか・利点」
「SNSを通じた企業との接点タイミング」
「企業SNSに対する期待」
「Facebookでいいね!を押す企業・押さない企業」

尚、本調査のトピックスとしては下記が挙げられます。

1)就職活動生の92%が、ソーシャルメディアを活用して就職活動を行っていた。
92%の就職活動生がFacebook、Twitterを活用して就職活動を行っており、
就職活動において当たり前のツールとなってきているのではないか。
企業はまさに一般化してきたソーシャルメディアと向き合い、
就職活動生とどの様なコミュニケーションを取るべきか検討する必要。

2)ソーシャルメディアを見るデバイスはスマートフォンが約80%。
約80%の学生はソーシャルメディアをスマートフォンで閲覧する事がわかった。
特にスマートフォン閲覧に向けた対応策は必須である。

3)学生の73%は企業がソーシャルメディアを始めるべきだと感じている。
就職活動生はソーシャルメディアを活用して、
企業情報をキャッチアップしている事がわかった。
スマートフォンを活用して情報を受け取る就職活動生にとって、
企業がソーシャルメディアを通じて情報発信をしている事は非常に便利で、
好感度が高い、ということがわかった。

弊社は、ソーシャルメディアとスマホの就職活動生間での普及は無視出来ない潮流であると捉え、
企業側もそれに応じた施策を打つ事が必要になってきていると我々は考えています。

■調査結果の詳細にご興味がございましたらこちらをご参照ください。
https://social-recruiting.asia/tendency_contact.php


[会社概要]
会社名:
株式会社ソーシャルリクルーティング
本社:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友動産青山通ビル6F
代表者:
代表取締役CEO 春日博文
設立:
2011年4月18日
事業内容:
ソーシャルメディアを活用した採用活動支援

[ソーシャルリクルーティングとは]
現在ソーシャルメディアを活用した採用活動の支援に特化した専門企業で、
累計250社以上の支援実績を持ち、現在シェアNo.1を誇ります。
また、アジア各国のSNSを活用し、アジアの人材と日本企業の採用支援も展開しております。

[本件に関するお問い合わせ]
メール:info@social-recruiting.asia
電話:03-6450-5211

担当:梶谷
TOP